節約しよう

おしゃれなライト

賃貸物件は、不動産のうち土地や建物などを賃貸借契約を結んで借りて利用するというものです。その借りている手数料として、賃料を支払うことになります。 賃貸物件を借りるメリットは第一に不動産を保有しないので、税金や建物の修繕費用などのランニングコストを抑えることが可能であるという点です。また既存の建物を利用するので、新しく建てるのに比べて初期費用を抑えることが可能です。さらに契約次第では、いつでも引き払うことが可能なので、気に入らなくなったりしたら移り住むことが可能という点です。 特に商売をする上では、最初から不動産を持って行うのにはリスクが高すぎるため、多くの場合には賃貸物件からスタートするのが一般的です。

かつての賃貸といえば、その土地、または建物だけを借りるというのが一般的でしたが、近年はその傾向が変わってきています。例えば、賃貸物件を借りる場合には敷金や礼金、保証人などが必要で、借り手側には不利なところが多くありましたが、近年は敷金、礼金、保証人不要というところも多くなってきています。また家具家電付きの賃貸物件というものもあり、この場合には引越するさいの費用を抑えることが可能です。また契約期間も月単位のマンスリーマンションなどもあります。 また店舗物件では居抜き物件というものも一般的になっています。これは前の借り主が使っていた設備などを購入できるというもので、お店を始めるのに必要な設備投資費用を抑えることが可能となっています。